HOME>注目記事>カーリースとは?契約の前に準備しておく書類紹介!

カーリースがおススメです!

定額制で利用できる、サブスクリプションサービスのカーリース。リースでもマイカーのように乗れるためおすすめです。

カーリースの前に準備しておこう

  • 運転免許証の有効期限が切れていないかを確認しておく
  • 住民票の写しを(取得から3ヶ月以内)用意しておく
  • 印鑑証明が必要な場合もあるため用意しておく
  • リース会社から送られてくる契約書にサイン・捺印をしておく
  • 自動車保管場所証明書(車庫証明)を用意しておく
  • 保管場所標章交付申請書を用意しておく
  • もしもの時のために印鑑を用意しておく
  • 保管場所使用権原疎明書面を用意しておく
  • 保管場所の所在図・配置図を用意しておく
  • 自動車の登録申請をディーラーに代行してもらう場合は、委任状が必要

仕組みを紹介

家族

現在流行中のカーリースは、自分で全額新車の代金を支払わずに、月々の定額の支払いで新車を利用することができる、というシステムです。ではなぜそのようなシステムで、お店側は収支が取れているのでしょうか。そもそもカーリースというには元々業者向けに作られたシステムでした。そのため個人向けのシステムが採用されたのは最近の話です。カーリースを利用したいけれど、なんだか複雑そうで手が出ない、という方は多くいらっしゃると思います。カーリースの感覚は、車を「所有」するというよりも「使用」するという感覚の方が良いと思います。自分が選んだメーカーや車種などを受けて、リースをする会社が車を用意します。そしてその車を、利用者に貸すのです。そのため頭金などというのがなく、月々の定額のみで車を使うことが可能になります。

期間満了後

家族

カーリースは期間が決められていて、そのリースには終わりが来ます。そしてリースが終わり次第、その車を返却することができますし、また新たに別の車でリースを契約しなおすこともできます。その他にはリースしていた車を買い取ることもでき、多種多様な方法が存在します。

メリット・デメリット

車の模型とお金

もちろんメリットがあるから皆さん利用するわけですが、もちろんデメリットもあります。その一つが、カーリース期間の走行距離が決められているということです。また全損事故などを起こすと強制的に契約解除となる場合もあるので、こちら側の都合が効かなくなることも多々あります。

広告募集中